乳酸菌はワンちゃんに良い

人間の体はたくさんの細胞が集まって形成されています。
その中でもたくさんの細菌が存在しているのが、腸です。
腸内環境によって体の健康状態が分かるというほど重要な臓器です。
それは体内に摂取したエネルギーを分解して、最終的に腸で吸収されていくからです。
腸が正常に働くことで、私たちの体に必要なエネルギーを与えることができます。

これは人間だけの話ではありません。
犬やそのほかの動物でも同じことが言えます。
小型犬の人気が高まったことから、最近ではペットを飼う家庭がとても増えています。
中でも犬の人気は高く、愛犬家がとても増えています。

犬は肉食動物ですが、食生活や生活環境が変わってしまうとストレスを感じる場合が多いです。
成長とともにドッグフードを変えなくてはいけないため、アレルギーやストレスを受けやすいのも特徴です。

このようなストレスやアレルギーによっておきてしまうのは腸の働きの悪化です。
具体的には下痢になったり便秘になってしまい、腸のトラブルを抱えやすくなってしまいます。
そんな腸の悩みに効果的なのが乳酸菌http://www.tucsonthai.com/pextuto.htmlの摂取です。
犬にとっても乳酸菌を摂取することで、腸に善玉菌が豊富になり腸内環境を整えてくれます。
腸が正常に働くことができれば、下痢などの症状も治まり、ドッグフードの栄養素もしっかり吸収することができます。

犬に適した乳酸菌としてラクト菌がお勧めです。
犬の消化器官では人間よりも、胃酸の働きが強くなっています。
ラクト菌は、抗酸性がとても強いことが特徴なので、犬の乳酸菌として適しています。
生きた状態で腸にたどり着き、高温にも強い特徴があります。
粉末状になっているタイプのものが多いので、ウェットフードなどに混ぜて与えると摂取しやすくなります。
またドライフードと一緒に与えても問題ありません。

注意点としてはあくまでも補助食品なので、メインの食事にプラスして与えるようにしましょう。
通常与えているドッグフードを減らす必要などもありません。
排便の回数や形状などを確認しながら、適量を与えるようにしましょう。