種類と効果を乳酸菌視点で説明

私たちの体の中でも腸の働きはとても重要です。
腸は摂取したエネルギーを吸収して、体全体に送り込む働きがあります。
腸が正常に働かなくなると、必要な栄養素を摂取しにくくなるだけでなく、新陳代謝や免疫力の低下をもたらします。

そんな腸の働きを活性化させてくれるのが、乳酸菌の働きです。
乳酸菌は大きく分けて二種類に分かれます。
まず一つ目は動物性乳酸菌です。
動物性乳酸菌には、ヨーグルトやチーズといった乳製品に含まれている菌のことを指します。
特徴は塩分や熱に弱く、安定した環境の中でしか生息できません。
なので食べ物で摂取しても腸に届きにくいという欠点があります。
しかし腸に生きた状態でたどり着くと腸の活性化に効果的で、便秘解消に効果が期待できます。

動物性乳酸菌で多くの人に認識されているのが、ビフィズス菌です。
母乳で育った赤ちゃんの腸内から発見された菌です。
腸内を酸性化させることで悪玉菌の増殖を抑制して、腸の活性化や消化や吸収の力を高めてくれます。

また日本人に多いガセリ菌も注目されています。
腸に長くとどまることができ、約90日間も腸内環境を整える働きがあります。
特にダイエット効果が高いことが認められ人気が高まっています。

そしてもう一つは植物性乳酸菌です。
あまり聞き慣れないことがばですが、キムチなどの漬物や醤油や味噌といった身近なものに含まれています。
動物性乳酸菌と異なり、塩分が強いところでも菌がしっかりと生き残っています。
どちらかといえば、腸に生きたままたどり着きやすいといえます。

植物性乳酸菌でよく知られているのがラブレ菌です。
京都の伝統的な漬けものであるすぐき漬けの中から発見された乳酸菌です。
ラブレ菌は生命力が強く、腸にまで生きたまま到着することができます。
ラブレ菌は、ウィルスの侵入に反応して免疫細胞を活性化させる働きがあり、免疫力をアップさせます。
またコレステロール値を低下させる働きがあるので、動脈硬化脳梗塞など血管の病気の予防につながります。
みんさんも乳酸菌で健康生活はじめてみませんか。