死菌の乳酸菌とは?

私たちの体には無数の菌が存在しています。
中でも腸には数え切れないほどの細菌があり、その細菌は善玉菌と悪玉菌に分かれます。
善玉菌は腸の働きを活発にして腸内環境を整えるなどプラスの働きをしてくれます。
これに対して悪玉菌は腸の働きを衰えさせ、蓄積すると有害物質などを発生させて様々な病気の原因を作り出します。
そのため腸内細菌の善玉菌の割合を増やして、腸の環境を整えることが健康維持につながります。

そんな善玉菌の代表的なものとしてあげられるのが乳酸菌です。
ヨーグルトやチーズ、味噌や納豆、醤油といった発酵食品に多く含まれているのが特徴です。
最近では乳酸菌が配合された乳酸飲料がとても増えています。

ただし乳酸菌を腸の中に定着させるためには、いくつもの関門があります。
中でも一番の問題点は酸性に弱いということです。
食べ物で摂取しても、胃酸で分解される際に死滅してしまい、生きたまま腸に運ぶことが難しくなります。
活発な乳酸菌でなければ腸で増殖するのは難しく、死菌となってしまうと思ったような効果が得られません。

そこで最初から死菌として加熱処理された乳酸菌を作り、腸に定着させること開発によって可能になりました。
死菌はEF-2001株の中で有効的な成分だけを抽出して作られています。
死滅しているため鮮度にとらわれることなく、安定した品質ものを提供できます。
またどのような腸の状態でも定着しやすく、善玉菌の繁殖を可能にしてくれます。
加熱処理しているため、食べ物や飲み物と一緒に摂取しても熱による影響を受けません。
使用されているEF-20001株は、免疫力向上にとても効果があることが分かっています。
一度の摂取で1兆個もの乳酸菌を摂取することが可能です。

乳酸菌のサプリメントとして販売されていることが多く、他の商品と比べて価格が高めになっています。
しかし体調に関係なく、確実に腸で乳酸菌が働いてくれるため、体質の変化を実感するのが早いといえます。
病気で治療中の人や細胞が老化現象がおきている中高年以上の人でも、効果が得やすい乳酸菌といえます。