乳酸菌の殺菌方法

私たちの体の健康を保つために注目されている成分はたくさんあります。
多くの成分の中で昔から注目されているのが乳酸菌です。

乳酸菌は善玉菌の一種で、腸で最も高い効果が得られます。
善玉菌が増殖することで腸のぜん動運動が活性化されます。
それによって便秘が解消されて、腸の消化機能が向上します。
体内で摂取した栄養素を吸収しやすくなり、ビタミンの形成もしやすくなります。
また免疫力が向上させる効果も期待できます。

しかし一番の弱点は胃酸に弱いということです。
せっかく乳酸菌が多い食品を摂取しても、胃で分解される際に分泌される胃酸によって死滅してしまいます。
死滅してしまうとそのまま体外に排出されてしまい、思った様な効果が得られません。
そのため、いかに生きたまま腸にまで届けることができるのかという点が注目されるようになりました。

今では研究が進み腸にまで届くように作られた商品http://www.hyundaiit.jp/isannn.htmlがとても増えています。
しかし、腸に届いたとしても定着して増殖するという証明まではされていません。
そこでまた新たに開発が進んでいるのが、腸に定着しやすく善玉菌増殖しやすい乳酸菌の開発です。

このような菌を作りあげるためには、死滅させて安定して品質のものを作りあげる必要があります。
そこで乳酸菌を殺菌させる方法として使用されているのが、加熱です。
乳酸菌のもう一つの特徴として、熱に弱いという点があります。
60℃以上の加熱を30分以上行うことで殺菌することができます。

加熱以外でも殺菌方法としては、アルコール殺菌などもありますが、乳酸菌の場合は熱による殺菌方法が最も多いのが特徴です。
乳酸菌は生きたままでなければ意味がないと思っていしまっている人がとても多いです。
胃酸に弱い性質や腸での働きを考えると、殺菌していても菌が腸に届くということの方が重要だといえます。
また乳酸飲料の場合は、そのほかの菌の発生を考えると殺菌をする方が品質を向上させることができます。