お腹の調子を乳酸菌活用で対応

現代人の多くはお腹に関するトラブルを抱えています。
女性では便秘に悩んでいる人がとても多いのが特徴です。
そのほかには下痢や軟便などの症状があります。
このようなお腹の調子はなぜ変化するのでしょうか。

それはお腹の中にある腸内細菌の働きが、大きく影響しています。
腸内細菌は、1000兆個あるといわれています。
その数多くの腸内細菌は、悪玉菌と善玉菌に分けられます。
悪玉菌が増えてしまうと腸の機能が低下してしまい、腸の不調を感じてきます。
さらに悪玉菌が定着して繁殖していくと、ポリープやがんなどの原因にもつながります。
様々な病気を生み出してしまう恐れがあるため、腸内環境をととのえておく必要があります。
そこで効果的な働きをするのが、善玉菌です。
善玉菌の代表的なものというと、乳酸菌があげられます。
乳酸菌の働きは、悪玉菌http://www.izamania.net/bad.htmlの増殖を抑制する働きがあり、善玉菌の働きを活発にすることができます。
悪玉菌が減ることで腸内環境が整い、お腹の調子も良くなっていきます。

乳酸菌は特に整腸作用が強い働きhttp://www.a-linesports.jp/tyounaikannkyou.htmlがあるのが特徴です。
下痢などの症状以外でも、便秘などにも効果が期待できます。
腸の動きを活発にしてくれるため、停滞気味の腸の動きを促進することができます。

薬で服用すると下痢止めや下剤といったどちらか一方にしか効果が期待できないものが多いです。
乳酸菌を摂取することは一定的な効果ではなく、腸全体の動きを正常化する効果があります。
なのでどちらの症状にも効果が期待できるのがメリットです。

そして乳酸菌は元々体内にある細菌の一つです。
しかし腸内細菌のたった0.1%未満しか含まれていません。
とても貴重な菌でもあり、積極的に摂取していきたい菌だといえます。
もともと体内にあるものなので体外から摂取しても、副作用などの心配もありません。

乳酸菌には様々な種類があり、チーズやヨーグルトの発酵食品、味噌や醤油などに使用される乳酸菌などがあります。
毎日の生活で積極的に取り入れることで、お腹の調子を整えていきましょう。