乳酸菌で体に悪いとされる悪玉菌を対応

私たちの体に必要な栄養素は、口から摂取して分解されて腸にたどり着きます。
そして腸の粘膜が吸収することで体中へと必要な栄養素が送り届けられます。
そのため腸の働きが正常に働き、活発に動いている方が健康的な体を維持することができます。

そこでポイントになるのが、腸内細菌の存在です。
腸内には1000兆個もの細菌が存在しています。
その腸内細菌の中には、悪玉菌と善玉菌が存在しています。
どちらの菌の割合が多いかによって、腸に環境が大きく異なります。

体内に悪玉菌が多く増殖している場合には、様々な病気を引き起こす原因になります。
身近なものであれば、便秘になりやすい人が多いです。
悪玉菌が腸の働きを衰えさせてしまうことで排便を促すぜん動運動が正常に働かなくなり便をため込んでしまいます。

ただの便秘と思いいがちですが、不要なものが体内に蓄積してしまうと有害物質を発生させやすくなります。
有害物質が定着し続けると、発がん性物質を生み出して大腸がんを発症してしまいます。

また悪玉菌が増殖することで 、免疫力が低下してしまうことが分かっています。
免疫力は、体外から侵入してきたウィルスを撃退する効果があり、私たちの体を守ってくれています。
その免疫力が低下することで、風邪をひきやすかったり、疲れやすくなる、体を壊しやすくなってしまいます。
この状態が続けば続くほど、同じ風邪でも肺炎にかかりやすいなど大きな病気につながってしまいます。

そんな悪玉菌の増殖を抑制するのが、善玉菌の働きです。
善玉菌の代表的と言えるのが乳酸菌です。
乳酸菌を摂取することで、善玉菌をたくさん取り入れることができます。
善玉菌には整腸作用があるため、腸のぜん動運動を活発にして便秘解消に効果があります。
乳酸菌は腸内環境を整える効果があり、腸が正常化することで必要な栄養素をしっかり吸収することができます。
また同時に免疫力を高める働きがあるので、悪玉菌によって低下した免疫力を回復することができます。
また、一般的な乳酸菌の摂取方法についても参考にご覧ください。