発酵食品も含んでいる乳酸菌

私たちの体は数え切れないほどの細胞が組み合わさって作りあげられています。
それぞれの内臓が正常に働くことで、私たちの体は健康が保たれています。

中でも私たちの体によい効果をもたらす成分として乳酸菌があります。
乳酸菌は発酵食品に多く含まれていることが分かっています。
誰もがよく知っている食品といえば、ヨーグルトではないでしょうか。
ヨーグルトの商品名に乳酸菌の名称がつかわれるほど、イメージがとても強くなっています。

中にはヨーグルトが苦手という人もいたり、好きだけど毎日食べるのは飽きてしまうという人もいるのではないでしょうか。
乳酸菌が含まれているのはヨーグルト以外でも、身近な発酵食品にも多く含まれています。
意外に知られていないことなので、知らないうちに毎日の生活で取り入れている人も多いです。

まず乳酸菌には動物性と植物性に分かれます。
乳製品などは動物性のものが多く、ヨーグルト以外ではチーズなども含まれます。
以外に知られていないのは植物性のもので、味噌や醤油などの発酵食品に含まれています。
またキムチや漬物や納豆などの発酵食品にも含まれています。
これらの食材は、主に和食に使用されることが多く、カロリーも控えめなものが多いです。
和食は日本人が昔から親しみのあるメニューなので、腸の消化にもとても適しています。

食材以外でも摂取できる方法として、アルコールがあります。
日本酒やワインは発酵して作られているアルコール飲料です。
お酒が好きな人は乳酸菌が含まれているアルコールを選ぶといいでしょう。
アルコールを摂取する際には、よくおつまみを一緒に食べることが多いです。
そのときにチーズやお漬物といった発酵食品を取り入れることで、より多くの乳酸菌を体内に取り入れることができます。

意外に知られていない乳酸菌が多く、毎日の食生活の中でもバリエーションが多い方が飽きずに摂取することができます。
自分の食生活に取り入れやすいものからはじめて、なるべく長期間継続していきましょう。