アイスクリームで乳酸菌

体質改善に効果的なものとして 乳酸菌の存在があります。
乳酸菌は腸に多く存在する菌で、腸の働きを活発にする善玉菌の代表的なものの一つです。

腸の働きは、私たちの体のエネルギーとなる栄養素を吸収してくれる器官です。
吸収消化が悪くなってしまうと、体に必要な栄養が行き届かなくなり、腸に悪玉菌が蓄積してしまいます。
悪玉菌が多くなると、有害物質が発生してがんなどの病気が発症してしまいます。

乳酸菌の摂取として まず思い浮かぶのがヨーグルトではないでしょうか。
ヨーグルトのラベルに菌の名称が商品名になっているものや、乳酸菌が含まれていると記載されているものがとても増えています。
毎日摂取することが大事ですが、常備しなくてはいけないことや飽きてしまうという人もいるでしょう。
そこで最近注目されているのが、乳酸菌が入ったアイスクリームです。

乳酸菌といえば生きた状態で腸に行き届くからこそ効果があると思う人が多いでしょう。
アイスクリームは冷凍食品なので、乳酸菌が死滅しているのではと思う人もいるでしょう。
しかしマイナス18度でも生存できる乳酸菌があります。

ヨーグルトに比べると冷凍庫で保存できるので、いつでも好きな時に食べることができます。
またよりデザート感覚で食べることができるので、生活の一部に取り入れやすくなっています。
子供のおやつとしても健康を意識したものをあげられるので、多くの世代に人気があります。

味はアイスクリームよりもさっぱりしていて、ヨーグルトのフローズンタイプによく似ています。
なので甘いものが苦手な人にも食べやすくなっています。
このようなアイスは、コンビニで手軽に購入することができます。
値段も手軽でカロリー表示も書かれているのでダイエットを意識している人にも適しています。

注意点としては、乳製品にアレルギーがある人は、アレルギー反応が出てしまうので避けなくてはいけません。
その点だけクリアできれば、生活の一部に取り入れてみてはいかがでしょうか。
おいしく体に良い乳酸菌を摂取することができます。